株で資産形成するなら売買より保有し続ける方が良い理由

>

株は保有するのが良い訳

このコラムをシェアする

リアルトレードとの違い

保有する手法の投資はリアルタイムな値動きには左右されない事です。
ですので常にパソコンを見て変動をチェックしたり売り買いするタイミングで悩む事もありません。

リアルトレードの場合、他の人よりも素早い判断をすることも必要になるので、周りの人と駆け引きの競争をする事になります。
その為扱うものは株という投資材料ではありますが、駆け引きが勝負という部分ではギャンブル要素が強い投資と言えます。
株の場合、保有して長期スパンで持ち続けるだけなら日々駆け引きをする必要もないので、資産形成と考えるなら長期保有がおすすめです。

保有のメリットは忙しい人でも投資にチャレンジできる事ではないでしょうか。
毎日株の値動きを追いかけるのは楽な事ではありませんよね。

必要なのは見守る忍耐

長期保有するのなら時間的な拘束をされることはないので自由ですね。
ただ、中途半端な事をしてしまうと損をしてしまう事があるようです。

毎日パソコンは見ないにしても、たまたまパソコンを開いて見たら急上昇していたり急降下している事があるかもしれません。
長期保有をすると決めたのに、値動きに焦って慌てて売ってしまうと大きく損をしてしまう事もあります。
常にパソコンを開けるような状況ではない人にとっては、手っ取り早く儲けたいとか、大儲けをしようという考えは捨てた方が無難かと思います。

購入したら自分の将来に対しての投資と考えて値動きを見守っていきましょう。
時間拘束をされないという株の長期保有のメリットも活かせなくなってしまいます。